「いしかわ観光特使」でふるさとのPRを

一昨年から、「いしかわ観光特使」なる肩書をいただいています。石川県が、情報発信力を強化し、本県の豊かな観光資源をPRするいう目的で、県ゆかりの方々に委嘱をしている制度です。

石川県は藩政期の面影を伝える金沢のまちなみをはじめ、いくつもの温泉地を抱える加賀地区、世界農業遺産に認定されている能登地区など豊かな地域を抱えています。情報を発信することで、海外からの観光客をはじめ、2014年度には、北陸新幹線も金沢まで乗り入れるという追い風もあり、さらに多くの方に足を運んでもらおうというのが「いしかわ観光特使」を任命する狙いでしょう。

北陸新幹線は、石川県にとって長年の悲願でもありました。本来、上越新幹線よりも先に稼働するはずが、事業開始当時、政治権力を握ったのが新潟選出の田中角栄元首相。お膝元である新潟と首都圏を結ぶ上越新幹線はまさに超特急で計画、工事が進み、早々と完成したといわれます。

その後、高度経済成長時代は終焉を迎え、バブル経済もはじけるという冬の時代に入ってしまい、北陸新幹線は足踏みをしたままとなってきたのでした。長野五輪のために、暫定の長野までが開通し、いつしか名称も「長野新幹線」で定着してしまいます。

今、北陸以外の方に、「2014年度には北陸新幹線が開業するんですよ」と言っても、「えっどの新幹線が延伸するの」「米原から?」と言われるほど、まだまだ認知もされていないのが実情でしょう。

北陸新幹線開業までに、ふるさとのこの地がさらに魅力を増し、多くの方に楽しさや美しさを知っていただけるように情報発信の一助を担えればと念じています。

いしかわ観光特使でふるさとのPRに努めます